税理士になりたいあなたをサポートするサイト

>

税理士になるのは難しいか

税理士試験の難易度は

試験の難易度というのはやはりその職業の厳しさや人の多さなどを表していると思います。
試験が難しすぎても人がいなければなるのはそこまで難しくありませんし、試験が易しければ人が多くてもなるのは難しくはありません。
資格というのは取得をするのが難しい物もあれば取得をするのが他の資格に比べて易しい物もあるでしょう。
では、税理士はどうなのでしょうか。
結論から言いますと、税理士になるのはとても難しいです。
税理士は国家試験の中でも特に難しいと言われている資格であり、合格をするためには何年も挫けず受験をし続けて勉強も続けてといった方法を取らなければ難しいとまで言われています。
中には何年も受けて未だに税理士の試験に合格をしていないという人も多いでしょう。
なので、とても難しいのでしっかりと勉強や準備をして臨むのが大切だと思います。

合格する人は

どれだけ難しく倍率も高い試験であっても、必ず合格者という物は出てきます。
だからこそ、もし試験が難しすぎるから無理だと諦めたりするなどせずに合格者が出ているという現実を受け止めて自分もその合格者の中に入れるように努力をするということがこういった資格試験や受験などではとても大切な要素になってくると思われます。
税理士試験の合格率はとても低く、毎年15%以下になったりもしくは15%付近を上がったり下がったりなどを繰り返しています。
15%というのはとても低く狭き門です。
しかし、これだけ狭い門で難しいであるからこそ税理士になる価値があると思います。
税理士という仕事の厳しさと偉大さを税理士の試験は物語っています、是非中途半端な勉強ではなく一生懸命勉強をして臨みたいものです。


この記事をシェアする